プロフィール

酔いどれ爺さん

Author:酔いどれ爺さん
神社仏閣や道の駅めぐりの記録

FC2カウンター
カテゴリ

高知県護国神社

2019/05/31 19:20:23 | 護国神社 | コメント:0件

明治元年(1868年)、土佐藩主山内豊範が藩校高知致道館で、迅衝隊などの東征に従軍し陣歿した藩士105柱を招魂し、その御霊を鎮祭するため、現在の五台山大島岬に大島岬の地に社域を定め、翌年の明治2年に建社の土地に因んで大島岬神社と称して社殿竣工とともに神霊を鎮座地に奉還したことに始まる。明治8年5月31日に招魂社と改称、昭和14年(1939年)に高知県護国神社に改称して特定護国神社となった。 国難に殉じた高知県関係...続きを読む
スポンサーサイト



日向薬師

2019/05/31 07:13:28 | 神奈川 寺 | コメント:0件

寺伝では霊亀2年(716年)、行基の開山という。寺に残る梵鐘(暦応3年・1340年鋳造)の銘文や、鎌倉時代の史書『吾妻鏡』も当寺を行基の草創としており、行基草創伝承は鎌倉時代からあったことがわかるが、境内からは奈良時代にさかのぼる寺院跡は発掘されておらず、実際の創建は10世紀頃と推定されている。 柴折薬師(高知県大豊町)・米山薬師(新潟県上越市)とともに「日本三薬師」に数えられることもあり、峰の薬師(相模原...続きを読む

最乗寺

2019/05/31 06:30:00 | 神奈川 寺 | コメント:0件

応永8年(1401年)峨山五哲である通幻寂霊門下の了庵慧明によって開山され、東国における通幻派の拠点となる。通幻門下は各地で公共事業を行い民心をつかむが、最乗寺にもこの地で土木工事を行ったという了庵法嗣の妙覚道了(道了尊)が祀られている。   書院  本堂    開山堂   金剛水堂   鐘楼   結界門   多宝塔   不動堂   御真殿   高下駄   奥の院   三面殿 2019年4月7日参拝御朱印を頂...続きを読む

土佐神社

2019/05/30 19:54:32 | 御朱印 神社 | コメント:0件

土佐神社の創祀については、明らかでありませんが、境内東北方の礫石と呼ばれる自然石を磐座として祭祀したものと考えられ、古代に遡ると言われています。延喜の制が布告された平安時代、醍醐天皇の御代には式内大社に列せられ都佐坐神社と称され、朱雀天皇の御代天慶三(940)年には、神階を正一位に進ませられています。鎌倉時代初頭には神仏習合時代に入り、土佐国総鎮守一宮とされました。長宗我部元親が、本殿、幣殿、拝殿を再...続きを読む

四国八十八霊場30番札所 善楽寺

2019/05/30 07:16:34 | 四国八十八霊場 | コメント:0件

寺伝によれば、大同5年(810年)空海(弘法大師)が高賀茂大明神(土佐国一宮で現在の土佐神社)の別当寺として、神宮寺とともに創建したといわれている。明治初期の神仏分離まで、納経は神宮寺(別当寺)で「高鴨大明神 本地阿弥陀如来 神宮寺」と記帳し行っていたが塔頭寺院の観音院善楽寺(本尊十一面観音)とともに廃寺となり、阿弥陀如来坐像(重要文化財)と弘法大師像が南国市にある29番札所国分寺に移された。両寺の廃寺...続きを読む

道の駅スタンプ&きっぷ 田野駅屋

2019/05/29 19:17:52 | 道の駅 スタンプ | コメント:0件

高知県安芸郡田野町にある国道55号の道の駅。土佐くろしお鉄道 ごめん・なはり線 田野駅と隣接し、鉄道駅と道の駅と一体化した構造になっている。名称は掛詞になっており、「田野へ来ぃや!(田野へ来てね!)」といった願いが込められている。   スタンプはサービスカウンターの上に  スタンプ&きっぷ    きっぷは販売されていませんでした                駐車場            トイレ    ...続きを読む

四国八十八霊場29番札所 国分寺

2019/05/29 07:23:03 | 四国八十八霊場 | コメント:0件

聖武天皇が発した「国分寺建立の詔」により全国に建立された国分寺(金光明四天王護国之寺)の一つである。当寺は寺伝によれば天平13年(741年)に行基が千手観世音菩薩を刻み本尊として安置し開創したとされる。その後弘仁6年(815年)空海(弘法大師)が毘沙門天を刻んで奥の院に安置、また、星供の秘法を修めたことから、当寺は星供の根本道場となり、大師像は「星供大師」と呼ばれている。そして、その頃真言宗の寺院となった...続きを読む

四国八十八霊場28番札所 大日寺

2019/05/28 22:30:43 | 四国八十八霊場 | コメント:0件

寺伝によれば天平年間(729年 - 749年)に聖武天皇の勅願により、行基が大日如来像を刻んで堂宇を建立して開創したという。弘仁6年(815年)に空海が楠の大木に爪で薬師如来像を彫って荒廃していた本寺を復興したとされる。慶長年間(1592年 - 1615年)から土佐藩の祈願所となり栄えたが、明治に入って神仏分離令によって廃寺となったが、大日堂と改称した本堂に本尊を安置していたので助かった。その後、明治17年(1884年)再興さ...続きを読む

道の駅スタンプ&きっぷ キラメッセ室戸

2019/05/28 07:16:00 | 道の駅 スタンプ | コメント:0件

高知県室戸市吉良川町にある国道55号の道の駅。地元名産の鮮魚や鯨料理などが味わえるお食事処『鯨の郷』、鮮魚や朝獲れの新鮮野菜・果物などの直売所『楽市』、クジラ漁の資料館『鯨館』があります。  きっぷはここのカウンターで購入  スタンプは鯨館の中に   スタンプ&きっぷ                                                   駐車場            ト...続きを読む

四国八十八霊場27番札所 神峯寺

2019/05/27 22:42:00 | 四国八十八霊場 | コメント:0件

寺伝によれば神功皇后が朝鮮半島進出の戦勝を祈願し天照大神を祀った神社が起源とされ、天平2年(730年)に聖武天皇の勅を受けて行基が十一面観世音菩薩を刻み、本尊として神仏合祀し開創したという。その後大同4年(809年)に空海(弘法大師)が堂宇を建立し「観音堂」と名付けたとされている。その後、堂塔が多くあったが、元和年間(1615~1624)火災によりすべて焼失、その後、本堂と大師堂と鎮守社のみ再建され、十一面観音も...続きを読む