プロフィール

酔いどれ爺さん

Author:酔いどれ爺さん
神社仏閣や道の駅めぐりの記録

FC2カウンター
カテゴリ

鎌倉三十三観音 2番札所宝戒寺

2017/11/30 18:09:11 | 鎌倉三十三観音 | コメント:0件

鎌倉幕府滅亡後、後醍醐天皇が足利尊氏に命じ、北条一族の霊を弔うために宝戒寺を建立させ、勅命により円観慧鎮を開山とした。 2011年3月27日参拝御朱印を頂きました。  札所本尊 准胝観世音  御詠歌  みほとけにたのむちからのつよければ       水もほのほも身にかかるかは  所在地  神奈川県鎌倉市小町3-5...続きを読む
スポンサーサイト



鎌倉三十三観音 1番札所杉本寺

2017/11/30 17:24:45 | 鎌倉三十三観音 | コメント:0件

観音は33に化身して人々を救うという観音信仰によって、観音菩薩を安置する33の霊場巡りが作られたとされます。杉本寺は天平六年(734年)創建という鎌倉最古の寺、火災のときに本尊が自ら杉木の下に避難されたという伝説から杉本観音と呼ばれるようになったと「吾妻鏡」に記されているそうです。 2011年3月10日参拝御朱印を頂きました。  ここからスタートだと発願印を押してもらえます   札所本尊 十一面観世音 ...続きを読む

上野の國一社八幡宮

2017/11/30 13:36:41 | 関東地方 神社 | コメント:0件

元徳元年(957年)に源頼信が八幡荘に石清水八幡宮を勧請して創建されたという。元々は碓氷八幡宮と呼ばれていたと言われ、現在は「八幡の八幡さま(やわたのはちまんさま)」の通称で地元の人々を中心に親しまれています。 2013年8月25日参拝御朱印を頂きました。  御祭神     品陀和気命(ほむだわけのみこと)     息長足姫命(おきながたらしひめのみこと)     玉依姫命(たまよりひめのみこと)  創建 元...続きを読む

鎌倉十三佛 13番札所虚空蔵堂

2017/11/30 12:57:11 | 鎌倉十三佛 | コメント:0件

13番札所虚空蔵堂 三十三回忌 慈恩王(虚空蔵菩薩の化身)忌日が成満する日で、亡者は本有に帰るのでその冥福を祈ります。 2012年11月24日参拝御朱印を頂きました。 御朱印は管理している成就院でいただきます。 所在地 神奈川県鎌倉市極楽寺1-1-5...続きを読む

鎌倉十三佛 12番札所極楽寺

2017/11/29 20:20:47 | 鎌倉十三佛 | コメント:0件

12番札所極楽寺 十三回忌 抜苦王(大日如来)拔苦王は、亡者に善をなし功徳を積み、最上の仏果を成すべきと説きます。 2012年12月24日参拝御朱印を頂きました。   所在地 神奈川県鎌倉市極楽寺三丁目6-7...続きを読む

鎌倉十三佛 11番札所覚園寺

2017/11/29 19:21:27 | 鎌倉十三佛 | コメント:0件

11番札所覚園寺 七回忌 蓮上王(阿閦如来の化身)七回忌以降の三つ忌日では王が亡き人を断罪することはなく、仏が直接亡き人を教化し引導すると述べられています。十三仏は現在でも各年回忌の本尊として、生活の中に浸透し信仰されています。  2012年3月22日参拝御朱印を頂きました。 写真は2015年撮影  所在地 神奈川県鎌倉市二階堂421...続きを読む

今日の富士山

2017/11/29 16:40:12 | 富士山 | コメント:0件

散歩の途中で携帯から...続きを読む

鎌倉十三佛 10番札所来迎寺

2017/11/29 15:31:20 | 鎌倉十三佛 | コメント:0件

10番札所来迎寺 三回忌 五道輪廻王(阿弥陀如来の化身)亡者の邪見・放逸の過、愚痴・無智の罪は車輪が廻るように、常に三途の獄にありとして煩悩をこらしめて善に導く。亡者の追善供養を行うことによって現世において、功徳となる善行を積むことができる。 2012年3月22日参拝御朱印を頂きました。  所在地 神奈川県鎌倉市西御門1-11-1...続きを読む

鎌倉十三佛 9番札所浄光明寺

2017/11/29 11:25:13 | 鎌倉十三佛 | コメント:0件

9番札所浄光明寺 一周忌 都市王(勢至菩薩の化身) 一周忌に至って法華経を書写し、阿弥陀如来の像を造って追善すれば亡者の苦を抜くことができる。遺族は、都市王(としおう)に、怒りの心を慎むことを誓って、亡者の追善供養を行うことによって現世において、功徳となる善行を積むことができる。2013年2月10日参拝御朱印を頂きました。  所在地 神奈川県鎌倉市扇ガ谷2-12−1...続きを読む

鎌倉十三佛 8番札所報国寺

2017/11/29 09:35:36 | 鎌倉十三佛 | コメント:0件

8番札所報国寺 百ヵ日(100日目)平等王(観音菩薩の化身)亡者の身は枷械され、鞭で打たれ傷つけられる。子女は努めて功徳を積めば、亡者は天堂を見ることができる。亡者の追善供養を行うことによって、現世において功徳となる善行を積むことができる。 2011年4月3日参拝御朱印を頂きました。      札所本尊 観世音菩薩  鎌倉三十三観音の御朱印     https://https://blogs.yahoo.co.jp/yoidore103/2089...続きを読む