プロフィール

酔いどれ爺さん

Author:酔いどれ爺さん
神社仏閣や道の駅めぐりの記録

FC2カウンター
カテゴリ

善光寺

2019/06/23 19:19:59 | 長野 寺 | コメント:0件

『善光寺縁起』によれば、御本尊の一光三尊阿弥陀如来様は、インドから朝鮮半島百済国へとお渡りになり、欽明天皇十三年(552年)、仏教伝来の折りに百済から日本へ伝えられた日本最古の仏像といわれております。この仏像は、仏教の受容を巡っての崇仏・廃仏論争の最中、廃仏派の物部氏によって難波の堀江へと打ち捨てられました。後に、信濃国司の従者として都に上った本田善光が信濃の国へとお連れし、はじめは今の長野県飯田...続きを読む
スポンサーサイト



光前寺

2019/06/14 11:02:25 | 長野 寺 | コメント:0件

円仁の弟子、本聖の開基と伝わるが、古記録は武田勝頼と織田信忠との戦いなど数々の罹災により失われた。貞観2年(860年)創建時は現在より200メートル木曽山脈寄りのところにあったらしい。天正慶長のころには武田氏、羽柴氏などの庇護を受け、また、佐久郡、諏訪郡にまでその寺領を広げた時期もあったという。江戸時代には、徳川家光から朱印地60石を受けた。明治に入り塔頭末寺の多くを廃されてしまった。    ...続きを読む

信濃三十三観音19番札所 菩提寺

2018/07/16 19:17:16 | 長野 寺 | コメント:0件

戸隠山、飯縄山とともに北信濃の三大修験道場のひとつとして名高かった小菅山の本坊、小菅山大聖院の山内寺院のひとつ「桜元坊」を前身とする。廃仏毀釈の際、大聖院は小菅神社となり、桜本坊が仏教寺院菩提院として残された。この時、本尊画像の両界曼荼羅図(県宝)をはじめとする什器が菩提院に移されたと考えられている。観音堂の片足立膝の馬頭観音は弘法大師の作と伝えられ、古くから家畜の病や災い避けに霊験あらたかと信じ...続きを読む

善光寺大勧進

2017/11/18 15:07:45 | 長野 寺 | コメント:0件

大勧進は天台宗大本山で善光寺25ヶ院の本坊として、住職は善光寺の住職も兼ねております。勧進とは人々に仏法を説き作善をなすように勧誘策進することであり、この名を寺名にした大勧進は、開山、本田善光公以来、代々善光寺如来さまにお奉えし、民衆の教化と寺院の維持管理にあたってまいりました2013年4月14日参拝御朱印を頂きました。...続きを読む

常楽寺(別所)

2017/06/12 10:30:21 | 長野 寺 | コメント:0件

常楽寺は北向観音の本坊であり、北向観音堂が建立された天長2年(825年)、三楽寺の一つとして建立されました。長楽寺、安楽寺、常楽寺を指して三楽寺といいます。長楽寺は焼失し北向観音堂の参道入口に碑を遺すのみです。ご本尊は『妙観察智弥陀如来(みょうかんざっちみだにょらい)』で全国的にも珍しい阿弥陀様です。2013年4月15日参拝御朱印を頂きました。   山号 金剛山   宗派 天台宗   本尊 妙観察智弥...続きを読む