プロフィール

酔いどれ爺さん

Author:酔いどれ爺さん
神社仏閣や道の駅めぐりの記録

FC2カウンター
カテゴリ

大宮氷川神社

2016/10/29 07:12:39 | 埼玉の神社 | コメント:0件

神社の境内は見沼(江戸時代中期まで存在した広大な沼)の畔に立ち、もとは見沼の水神を祀っていたと考えられている。現在の神池は、見沼の名残である。埼玉県・東京都の荒川流域、特に旧武蔵国足立郡を中心にして氷川信仰に基づく氷川神社が多数分布する。国造本紀によれば、景行天皇の代に出雲の氏族が須佐之男命を奉じてこの地に移住したと伝える。成務天皇の時代に出雲の兄多毛比命(えたもひのみこと)が武蔵国造となり、当社...続きを読む
スポンサーサイト



宝登山神社奥宮

2016/10/28 23:29:44 | 埼玉の神社 | コメント:0件

神社創立ゆかりの地、宝登山山頂に鎮座しています。2011年1月13日参拝御朱印を頂きました。        御朱印は写真に写っているお店で書置きを頂けます   宝登山神社 http://blogs.yahoo.co.jp/yoidore103/20353089.html...続きを読む

宝登山神社

2016/10/28 23:03:35 | 埼玉の神社 | コメント:0件

社伝によれば、景行天皇41年(111年)、天皇の皇子・日本武尊による東征の際、尊が遥拝しようと山頂に向っていると巨犬が出てきて道案内をした。その途中、東北方より猛火の燃えて来るのに遭い、尊の進むことも退くこともできない状態になってしまった。すると巨犬が猛然と火中に跳入り火を消し止め、尊は無事頂上へ登り遥拝することができた。尊は巨犬に大いに感謝したところ、忽然と姿を消した。このことから「火止山」の名が起...続きを読む

三峰神社

2016/10/23 14:54:07 | 埼玉の神社 | コメント:0件

社伝によれば、景行天皇の時、日本武尊が東征中、碓氷峠に向かう途中に現在の三峯神社のある山に登って伊弉諾尊・伊弉册尊の国造りを偲んで創建したという。景行天皇の東国巡行の際、天皇は社地を囲む白岩山・妙法ヶ岳・雲取山の三山を賞でて「三峯宮」の社号を授けたと伝える。伊豆国に流罪になった役小角が三峰山で修行をし、空海が観音像を安置したと縁起には伝えられる狼を守護神とし、狛犬の代わりに神社各所に狼の像が鎮座し...続きを読む

秩父神社

2016/07/10 08:24:43 | 埼玉の神社 | コメント:0件

ご創建は、平安初期の典籍『先代旧事紀-国造本紀-』によれば、第十代崇神天皇の御代に知知夫国の初代国造に任命された八意思兼命の十世の子孫である知知夫彦命が、祖神をお祀りしたことに始まるとされており、武蔵国成立以前より栄えた知知夫国の総鎮守として現在に至っています。現存するご社殿は、天正20年(1592年)に徳川家康公が寄進されたもので、江戸時代初期の建築様式をよく留めている。毎年12月3日に行われる例祭は、...続きを読む