プロフィール

酔いどれ爺さん

Author:酔いどれ爺さん
神社仏閣や道の駅めぐりの記録

FC2カウンター
カテゴリ

豪徳寺  

2019/04/04 21:48:21 | 東京 寺 | コメント:0件

世田谷城主吉良政忠が、文明12年(1480)に亡くなった伯母の菩提のために臨済宗弘徳院として創建したと伝えられます。高輪泉岳寺初世の門奄宗関が中興開山、寛永10年(1633)世田谷領が彦根藩領となり、当寺が井伊家の江戸における菩提寺となったことから、寺号を藩主井伊直孝の法号昌院殿豪徳天英大居士より豪徳寺と改号しました。井伊直孝は飼い猫によって当寺へ招き入れたという招き猫伝説があり、この飼い猫は松福庵(招福庵)...続きを読む
スポンサーサイト



五百羅漢寺

2018/11/28 11:35:00 | 東京 寺 | コメント:0件

当寺の五百羅漢像は開基の松雲元慶(1648 - 1710)が独力で彫り上げたものである松雲はある時、豊前国の羅漢寺(大分県中津市本耶馬渓町)の五百羅漢石像を見て、自らも五百羅漢の像を造ることを発願した。貞享4年(1687年)、40歳で江戸に下向した松雲は托鉢で資金を集め、独力で五百羅漢像など536体の群像を造る。彫像は当初は536体あったが、近代以降、寺の衰退時に多くが失われ、羅漢像287体を含む305体が現存している。 2018...続きを読む

たこ薬師成就院

2018/11/24 06:30:00 | 東京 寺 | コメント:0件

慈覚大師(円仁)が自身の眼病平癒のために作ったものに由来すると伝えられている。慈覚大師が唐から帰朝の折に暴風雨に遭い、その際に先の像を海に投じて祈ったところ、無事帰り着くことが叶ったという。その後諸国巡礼の際に肥前松浦で投じた薬師像が蛸に乗って顕現し、小像は慈覚大師の手元に戻ることとなった。目黒で疫病が流行した際に、この小僧を胎内仏として製作した薬師如来が現在の成就院蛸薬師となっている 2018年...続きを読む

養願寺

2018/01/03 16:26:05 | 東京 寺 | コメント:0件

当山養願寺御本尊虚空藏菩薩は木像で空海作と傅えられます。十三詣りでも知られ、福徳智恵を授かるといわれております。また丑年寅年生れの一代守本尊でも有ります。正安元年(1299)に創建、什慶が寛文年中(1661-1672)に中興開山したといいます。 2018年1月1日参拝御朱印を頂きました。    山号 明鏡山    宗派 天台宗    本尊 虚空藏菩薩    創建 正安元年(1299)    中興開山 什慶    所在地...続きを読む

江戸六地蔵 1番札所品川寺

2018/01/03 14:55:44 | 東京 寺 | コメント:0件

江戸深川の地蔵坊正元が、宝永3年(1706年)に発願し江戸市中から広く寄進者を得て、江戸の出入口6箇所に丈六の地蔵菩薩坐像を造立した。病気平癒を地蔵菩薩に祈願したところ無事治癒したため、京都の六地蔵に倣って造立したものである。 お寺の入り口にあります 鐘楼 本堂 2018年1月1日参拝御朱印を頂きました。  江戸三十三観音霊場の御朱印    https://blogs.yahoo.co.jp/yoidore103/20918785.html  東海七福神の御...続きを読む