プロフィール

酔いどれ爺さん

Author:酔いどれ爺さん
神社仏閣や道の駅めぐりの記録

FC2カウンター
カテゴリ

寂光院

2019/09/16 10:46:53 | 御朱印 寺 | コメント:0件

寺伝によると、白雉5年(654年)に孝徳天皇の勅願により南都元興寺の道昭和尚の手によって建立、支院18、寺領500石を有する盛大な寺であった。永禄8年(1565年)には織田信長が参詣の折り、清洲城の鬼門鎮護の霊刹として黒印50石、山林50町歩を寄進。通称継鹿尾観音(つがおかんのん)。紅葉で有名なことから「もみじでら」ともよばれる。 本尊は千手観音、随求堂の本尊は大随求菩薩である。 参道は全て東海自然歩道。境内全域は飛...続きを読む
スポンサーサイト



成田山名古屋別院大聖寺

2019/09/15 07:42:00 | 御朱印 寺 | コメント:0件

新勝寺への参拝が遠距離となることから参詣客により戦前の1936年(昭和11年)に「奉献会」が作られたが、創建は戦後の1953年(昭和28年)までずれ込んだ。開山に際しては、名古屋鉄道およびそのグループ会社が中心となって寄進しており、このことから名鉄の電車車両や名鉄バスの運転席付近には交通安全を祈願した本寺のお守りが据え付けられている。他にも、松坂屋を初めとする中部の財界のバックアップを得た。一般には特に自動車...続きを読む

貞照寺

2019/09/14 19:46:44 | 御朱印 寺 | コメント:0件

日本最初の女優である川上貞奴が、私財で建立した寺である。 本尊は不動明王。川上貞奴は幼少の頃から成田山を信仰していたという。 1933年(昭和8年)10月28日 - 建立。川上貞奴は入門し、ここを中心に信仰生活を送る。当初は「金剛山桃光院貞照寺」の名称である。 金剛山桃光院貞照寺の桃光院は、恋仲であった福澤桃介が由来という。 川上貞奴が死去後、貞照寺に葬られる。1960年(昭和35年) - 荒廃していた貞照寺は、成...続きを読む

七寺

2019/09/03 19:11:26 | 御朱印 寺 | コメント:0件

寺伝によれば、天平7年(735年)、尾張国海東郡萱津(現在の愛知県あま市)に行基が開山。当時は正覚院と称した。 延暦6年(787年)、紀是広が7歳で亡くなった子を弔うために七堂伽藍(7区の仏閣と12の僧坊)を建立した事から、これに因んで七寺と呼ばれるようになった。安元元年(1175年)から治承2年(1178年)に掛けて一切経を書写させると共に、阿弥陀如来像と観音菩薩・勢至菩薩像を奉納し、寺の名を稲園山長福寺と改めた. ...続きを読む

大須観音

2019/09/01 09:48:01 | 御朱印 寺 | コメント:0件

建久年間(1190年代)、尾張国中島郡長庄大須に中島観音が発祥する[1]。元亨4年(1324年)に後醍醐天皇が大須郷(現岐阜県羽島市桑原町大須)に北野天満宮を創建。元弘3年(1333年)に同社の別当寺として僧能信が創建した真福寺が当寺の始まりである。その後、後村上天皇により伽藍が建立され、勅願寺となっている。また、四天王寺の観世音菩薩を移して本尊とした。 慶長17年(1612年)に徳川家康の命令で犬山城主の成瀬正茂によっ...続きを読む