プロフィール

酔いどれ爺さん

Author:酔いどれ爺さん
神社仏閣や道の駅めぐりの記録

FC2カウンター
カテゴリ

愛知県護国神社

2019/09/08 09:42:43 | 護国神社 | コメント:0件

明治元年(1868年)、尾張藩主徳川慶勝が、戊辰戦争で戦死した藩士ら25人の霊を、現在の名古屋市昭和区川名山に祀り、翌明治2年5月、「旌忠社」として祠を建てたのに始まる。1875年(明治8年)に招魂社となり、1901年(明治34年)には官祭招魂社となった。1918年(大正7年)、城北練兵場(現在の名城公園北園内)に、更に1935年(昭和10年)には現在地に遷座、1939年(昭和14年)に愛知縣護國神社に改称した。第二次世界大戦後「愛...続きを読む
スポンサーサイト



愛媛県護国神社

2019/06/11 08:00:00 | 護国神社 | コメント:0件

辰戦争以来の愛媛県出身の戦没者のほか、軍属、女子学徒、看護婦、電話交換手、報国隊、義勇隊、富山丸・東予丸犠牲者、警察官・消防団・自衛隊等の公務殉職者、公共に尽くして県民に恩恵をもたらせた先賢諸士として加藤嘉明・藤堂高虎・久松定行・伊達秀宗をはじめとする各藩の藩主、足立重信、建武の新政から明治維新に至るまでに国事に殉じて贈位を受けた者、産業功労者として義農作兵衛、下見吉二郎、鍵谷カナ、文化人として尾...続きを読む

高知県護国神社

2019/05/31 19:20:23 | 護国神社 | コメント:0件

明治元年(1868年)、土佐藩主山内豊範が藩校高知致道館で、迅衝隊などの東征に従軍し陣歿した藩士105柱を招魂し、その御霊を鎮祭するため、現在の五台山大島岬に大島岬の地に社域を定め、翌年の明治2年に建社の土地に因んで大島岬神社と称して社殿竣工とともに神霊を鎮座地に奉還したことに始まる。明治8年5月31日に招魂社と改称、昭和14年(1939年)に高知県護国神社に改称して特定護国神社となった。 国難に殉じた高知県関係...続きを読む

徳島県護国神社

2019/05/18 18:58:00 | 護国神社 | コメント:0件

1879年(明治12年)9月、眉山公園に招魂社として創建された。1906年(明治39年)4月、徳島中央公園の徳島城跡に遷座。1939年(昭和14年)4月、徳島縣護國神社と改称する。 1945年(昭和20年)7月、徳島大空襲で社殿等焼失したが、1958年(昭和33年)に再建される。1978年(昭和53年)には御創社百周年記念として境内整備事業が行われた。 しかし、神社の境内が徳島市からの借地である上、史跡文化財保護地区のため諸問題があ...続きを読む

栃木県護国神社

2019/01/15 14:51:14 | 護国神社 | コメント:0件

明治維新、日清戦争、日露戦争、大東亜戦争などの戦没者や警察、消防、自衛隊の殉職者などの旧宇都宮藩、栃木県関係の戦没者55,361柱を祀る。天皇・皇后が日本全国で唯一公式に親拝している護国神社です 2019年1月13日参拝御朱印を頂きました   御祭神      栃木県の英霊55,361柱   創建     明治5年(1872年)   遷座     昭和15年(1940年)   詳しくはこちらから   所在地 栃木県宇都宮市陽西...続きを読む